元手なし確実に稼ぐ方法 10選

大好きなゲームでお金を稼ぐ方法5選!好きなことをして稼ぐための方法を徹底解説

game

突然ですが、この記事を読んでいる皆さんは「大好きなゲームでお金を稼ぎたいけどどうすればいいかわからない!」とお悩みではありませんか?

eスポーツが日本国内で広く浸透したことや、「TikTok」や「YouTube」といった動画配信サービスが世界的に大流行した影響で、ゲームでお金を稼げるチャンスがとても増えました。センスとやり方次第では、サラリーマンとして働くよりずっと多くのお金を稼げます。

今回の記事では、ゲームでお金を稼ぐ方法を5つご紹介します。
ゲームでお金を稼ぎたい方にとって有益な情報を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

映像技術やゲーム機本体の処理性能が格段に上がったことで、まるで現実と錯覚しそうなほどリアルで大迫力のテレビゲームが楽しめるようになりました。

ゲームは国内外問わず多くの方に愛されているので、ゲームクリエイターやプロゲーマーなど、ゲームを通して活躍する方法はとてもたくさんあります。
とはいえ、ゲーム関連でどんな稼ぎ方があるのかよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

ここからは、ゲーム関連でお金を稼ぐ方法を5つ厳選してご紹介します。

ブロックチェーンゲーム

2624888 s - 大好きなゲームでお金を稼ぐ方法5選!好きなことをして稼ぐための方法を徹底解説

初めて聞いたという方も多いかもしれませんが、ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨に使われている「ブロックチェーン技術」を応用して作られたゲームのことです。
ブロックチェーンゲームでは素材やキャラクターを集めて売買することで収益化することが可能です。

これまで発売されているゲームは、運営している会社がデータなどを管理してサービスを提供するのが一般的でした。そのため、サービスの提供が終了するとデータ自体も消滅するという大きなデメリットがありました。

しかし、ブロックチェーンゲームはユーザーが独自にデータを管理できるので、仮に運営会社がサービスを停止したとしても、獲得したキャラクターや武器などのデータを個人で自由に使うことができるので、データを売買してお金を稼ぐことも可能です。

イーサリアムなど実際の通貨をゲーム内で使用する作品も公開されており、ゲームを楽しみながら仮想通貨やお金を稼げるという革新的なアイデアに需要が高まっています。

ゲーム系ライター

game writer - 大好きなゲームでお金を稼ぐ方法5選!好きなことをして稼ぐための方法を徹底解説

ゲーム系ライターとは、企業が公開・運営しているサイトや雑誌にゲーム関連の記事を書いてお金を稼ぐ方法です。

プロのライターとして企業と契約するので、ある程度のライティングスキルやSEO知識が必要になりますが、複数の企業と契約して記事をたくさん書けば書くほどより多くのお金を稼げます。

個人で企業と契約するのは、未経験の方にはとても難しそうだと思われるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが、クラウドソーシングサイトを利用して契約を獲得する方法です。

クラウドソーシングとは、企業と働きたい方を仲介して安全に契約を結べるサービスのことを指します。
これまでは、記事を納品したのに連絡が取れなくなったり、給料の未払いがあったりと金銭面でのトラブルが多く報告されていました。

しかし、クラウドソーシングサイトの場合、契約時に報酬を仮払いする制度を採用しているサービスが多くあり、もしも納品後にクライアントと連絡が取れなくなっても、作業した分の報酬が支払われないというリスクはありません。

ゲーム系ライターは、企業から提案される内容で記事を書くのが一般的ですが、もしもあなたが個人でゲームをプレイしていて公開されていない情報をゲットできれば、それを目玉記事として執筆し、より高い報酬を得られる可能性もあります。

ゲーム制作

4014069 s - 大好きなゲームでお金を稼ぐ方法5選!好きなことをして稼ぐための方法を徹底解説

ゲームを制作・販売して稼ぐのも1つの方法です。本格的に1つのゲームを作り上げるためには、シナリオライターやグラフィックデザイナーなど、それぞれの分野の知識を持ったプロを集める必要があります。

ですが、本格的なものではなく個人で作る程度の簡単なゲームであれば、プログラミングの知識や専門的なゲームエンジン(制作ツール)がなくても数週間で制作できます。

自分が作りたいゲームが、PC向けなのか、それともスマホ向けなのか、そういったゲームのプラットフォームをまず最初に決めます。なぜ最初にプラットフォームを決めるかというと、プラットフォームによって作り方が大きく変わるからです。

プラットフォームが決まれば、あとはUnityやUnreal Engineといったゲーム制作ツールを使って制作に取りかかります。

個人でゲームを作るのは、最初はとても大変かもしれません。ですが、一度ゲームを作ってしまえば、あとは改良を重ねて自分のブログやサイトで公開・販売することもできます。

もっと大きな規模のゲーム制作がしたいなら、シナリオライターやデザイナーなど、専門的な知識を身に着けてゲーム制作を行っている会社に就職するのが現実的です。

もちろん活躍できる幅は広いが専門的な知識とスキルが必要なので、勉強にかなりの時間と労力がかかりますが、身に着けたスキルは大きな武器になります。

ゲーム実況

24268055 s - 大好きなゲームでお金を稼ぐ方法5選!好きなことをして稼ぐための方法を徹底解説

自分がプレイしたゲームの動画を編集してYouTubeに公開し、そこに広告をつけることで自動収益化してお金を稼ぐ方法です。
ゲーム実況でお金を稼いでいる方は、実はとてもたくさんいます。トップYouTuberになれば、月に数百~数千万円以上稼ぐのも夢ではありません。

ただし、YouTubeで収益化するためには以下の条件をクリアする必要があります。

収益化する条件

①チャンネル登録者数:1000人以上

②過去12ヶ月の総再生時間:4000時間以上

ゲーム実況で人気を集めるためには、巧みなスキルで魅力的なプレイができる、人を惹きつけるトーク力があるなど、ほかの人にはない特技や魅力を求められます。

自分に自信がないという方でも、仮面を着けたり、VRキャラを作成して声をあてたり、自分の姿を公開せずにYouTuberとして活動することも可能です。

もしも成功できれば、今回ご紹介している方法の中でも最短で最も大きなお金を稼げる可能性を秘めています。

ゲームのスキルや知識を勉強しながら人気YouTuberの動画を研究することで、あなたも人気ゲーム実況者になれるかもしれません。

プロゲーマー

4205828 s - 大好きなゲームでお金を稼ぐ方法5選!好きなことをして稼ぐための方法を徹底解説

eスポーツは、2024年パリオリンピック・パラリンピックの新種目としても検討されているほど世界的に注目されている競技です。

実際に体を動かして競い合うスポーツは、長い期間をかけて肉体と技術を磨かなければいけませんが、eスポーツはゲームのスキルとセンスがあれば短期間でトッププレイヤーになれる可能性があります。

eスポーツは優勝賞金の高さにも注目が集まっていて、過去最高の賞金額は約4,000万ドル(日本円で44億円)を記録しています。宝くじの一等賞金でも数億円であることを考えると、優勝賞金がどれだけ大きな金額かわかりますよね。

また、eスポーツはPCやゲーム端末を使って競技を行うので、ケガをするリスクが低いのも大きなメリットです。

反射神経などの問題でeスポーツの現役期間はとても短いといわれていますが、現役を引退した後でも講師として教室を開いたり講演会に出演すれば安定してお金を稼げます。

日本国内のeスポーツの知名度はまだまだ低いかもしれませんが、需要は今後も高まり続けると予想されており、センスと努力次第で一攫千金も狙える夢のある稼ぎ方です。

自分の才能を活かして稼ぐ

24408156 s - 大好きなゲームでお金を稼ぐ方法5選!好きなことをして稼ぐための方法を徹底解説

ゲームでお金を稼ぐ方法はとても幅広く、複合的に稼げるのが特徴です。
例えば、プロゲーマーとして活躍しながら、知名度を利用してブログで収益を得るなど、ゲームのスキルは、1つの方法ではなく複数の稼ぎ方をかけ合わせてより多くのお金を稼げます。

これからも人気と需要が高まり続けるゲームの世界は、スキルとセンスがあれば誰でも稼げる可能性を秘めています。自分の才能を活かしてお金を稼ぎたいと考えているなら、本記事で紹介した方法をぜひ参考にしてください。