まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のバイト登録時に注意すること

本記事を見ることによって以下を知ることができます。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録する方法がわかる
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動できるエリアがわかる
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をする際の注意点

下記に詳しくまとめて解説しておりますのでぜひ最後まで見て参考にしていただければと思います。

副業で実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして宅配した体験談

Uber Eatsはファーストフード店やレストランの料理をネットで注文し、好きな場所へ届けてもらえる世界中で展開されているフードデリバリーサービスです。

料理を運ぶUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは自由にシフトを決めて好きなエリアで働けることから新しい働き方として注目されています。

▼Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録は下記をクリック
Uber Eats 配達パートナープログラム

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

配達パートナーの登録をする手順


まずはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになるための登録手順を流れに沿って説明していきましょう。

WEBで登録

Uber Eatsの公式サイトを開き、配達パートナーの登録画面から必要事項を入力しましょう。必要事項は

  • メールアドレス
  • 名前(ローマ字)
  • 電話番号
  • パスワード
  • 都市
  • 招待コード(任意)

です。

特にメールアドレスと電話番号はお知らせが届いたりSMS認証をしたりと重要な手続きに使われることもあるので間違えないように登録しましょう。

書類のアップデート

WEBからアカウントが登録できたら次は必要書類のアップロードを行います。必要書類は身分証明書とプロフィール写真の2つです。

身分証明書は配達の際に使う車両によって提出する書類が異なります。また、プロフィール写真はまっすぐ正面を向き、肩から上を写し、顔全体が映るようにしなければいけません。サングラスや帽子を身につけず、十分に明るい部屋で撮影しましょう。

書類の確認まで時間がかかるので、承認を待っている間に報酬を受け取る銀行口座を登録しておくのがおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターへ登録

最後にUber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターへ行き、本登録を行います。パートナーセンターでは書類の不備がないか確認したり、配達の流れの説明を受けたり、支給品を受け取ったりします。登録は数十分程度で終わります。登録に行くのに予約は必要ないので、お住いの地域のパートナーセンターの営業時間内を確認し、都合が良い時に行きましょう。

配達パートナーを始められるエリア

Uber Eatsは日本で展開されていますが、日本全国どこでもサービスが利用できるわけでなく、現時点では主に大都市でのみ展開されています。

現在配達パートナーとして働けるのは以下の通りです。

東京・横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋

これからもエリアを拡大する予定なので、今は対応していないエリアにお住いの方でも将来働ける可能性があります。

配達パートナーの登録をする際の注意点


最後にUber Eatsの配達パートナーに登録する際に気をつけるべきことをまとめました。

配達する車両によって必要書類が異なる

Uber Eatsの配達は軽貨物またはバイク(125cc超)、原付バイク(125cc以下)、自転車によって行われます。どの車両を使うかによって提出するべき書類が異なるので、書類をアップロードする際には事前にどの書類が必要かを確認しておきましょう。車両別の必要書類は以下の通りです。

  • 自転車・・・身分証明書
  • 原付バイク(125cc以下)・・・運転免許証、自賠責保険証書、ナンバープレートの写真
  • 軽貨物またはバイク(125cc超)・・・運転免許証、自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証、自動車損害賠償責任保険の証明書、任意保険または共済保険の証明書、ナンバープレートの写真

支給品は配達用バッグのみ

かつてはパートナーセンターでの登録の際にモバイルバッテリーや自転車やバイクにつけるスマホケースが支給されていましたが、現在は配達用バッグのみ支給されます。そのため、モバイルバッテリーやスマホケースは必要なら自分で用意しなくてはいけません。

パートナーセンターに行く前に分からないことを整理しておく

配達パートナーは個人事業主ですから、パートナーセンターで登録した後は一人で働くことになります。そのため、分からないことがあってもすぐに解決するのが難しくなります。そこで、パートナーセンターに本登録をする前に配達パートナーとして働く上で分からないことがないかを確認し、当日は遠慮なく聞くようにしましょう。

まとめ:さあUber Eatsの配達パートナーになりましょう

Uber Eatsの配達パートナーはスキマ時間で働けて、人間関係もなく自由に働くことができ、新しい働き方として注目されています。

配達パートナーになるためにはWEBでのアカウント作成、書類のアップロード、パートナーセンターでの本登録という手順で進めていきましょう。

▼Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録は下記をクリック
Uber Eats 配達パートナープログラム

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
______________________________________________

こんにちは!しゅうです。

で、あんただれ? という声が聞こえてきましたので,
少しだけ自己紹介させてください。

僕は北海道生まれの北海道育ちの二児の父であり、ごく普通のサラリーマンです。
不動産投資とネットビジネスで本業以外の収入が月収50万円を超しています。
年収で言うと1,000万円を超えました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、

色々な副業を経験し、詐欺にもあいながら、
なんとかここまでこられました。


しゅうの公式LINEに登録