まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

仕事のストレスがやばい人必見!医師から教わった解消法とは

仕事のストレス解決策の画像
仕事のストレス
この記事は以下に当てはまる方におすすめです!

・仕事で溜まったストレスを解消したい方
・仕事で溜まるストレスの根本的に解決したい方

最近は「好きなことを仕事にしよう」

「嫌な仕事を辞めて本当にしたいことを仕事にしよう」

という動きが出てきて実際に行動に移す人も増えています。

しかし、そうは言っても勤めてきた会社を辞めてまた1からキャリアを始めるのは大変ですから、仕事が辛くても同じ会社に勤めているという人も多いと思います。

しかし無理している状態が続くと健康によくありません。そこで仕事のストレスがやばいという人向けに医師から教わったストレス解消方法をご紹介していきたいと思います。

仕事のストレスが溜まる主な原因


そもそも仕事でのストレスはどうして溜まってしまうのでしょうか?

主な原因をご紹介しましょう。

仕事場の上司とうまくいかない

仕事のストレスといえばやはり上司との関係ではないでしょうか。

上司が気が利く有能な人であれば良いのですが、そうでなければ部下は大変です。他の社員に聞こえるように大きな声で怒鳴られたり、上司が言う通りに仕事をしたのに自分はそんな指示はしていないと言われたりと悩みは尽きません。

プライベートの人間関係ならこの人嫌いだなと思えばそのまま関係を持つのを止めれば良いのですが、上司となると関わらざるを得ないのでストレスは溜まる一方です。

仕事の拘束時間が長い

日本人は他の先進国に比べて労働時間が長いと言われています。

定時は決められているけれど、そんなものはあってないようなもので、数時間残業している人がとても多いです。また、労働時間だけでなく、通勤に時間がかかる人もまた大変です。片道1時間であれば通勤だけで2時間もかかることになります。

しかも電車の中は常に人が多く、快適ではありません。そのように拘束時間が長いとプライベートの時間がなくなり、ほっと息つく時間がなくなりしんどくなります。

仕事がうまくできない

自分の仕事をうまく出来ないのもまたストレスの原因になってしまいますね。

時間をかけて作った資料をあっさり作り直しにさせられたり、営業のアポが取れなかったりと成果を出せないと自分はこの仕事に向いていないのかなと思い、落ち込んでしまいます。

仕事がうまくいかないと周りの目も気になりだして、どんどん追い詰められてストレスが溜まっていきがちです。

仕事で溜まったストレス解消法としてやってはいけないこと


仕事でストレスを感じた時に、既に自分で解消しているという人もいるかもしれません。しかし、よくあるストレス解消法の中にはやってはいけないものもあります。

そこでやりがちだけど実はやってはいけないストレス解消法をまとめました。

何も考えずに散財する

ストレスを解消する時によく使われるのがお金です。

「しんどい仕事を今週も頑張ったしずっと欲しかった服を買おう」

「歩いて帰るのがしんどいからタクシーに乗って帰ろう」

ストレスが溜まっているときは正常な判断能力を失い、散財してしまいがちです。

言うまでもなくお金は大事ですから、計画なく使ってしまえばあとでお金がなくて困ることもあり得ます。

もしくは次の月にクレジットカードの請求が来て、その額に驚いてしまうこともあるかもしれません。

暴飲暴食をする

ストレスが溜まればとにかく食べる人もいます。

食べることが好きな人は食べているだけで幸せな気持ちになりますし、自分にご褒美をあげるためと考えるとついつい高いものも食べてしまいます。

また、居酒屋に行ってとにかく飲むという人もいるかもしれません。暴飲暴食は体に良くないですし、次の日に調子が悪くなることもあり得ますから、ストレス解消法としてはNGです。

休みの日にいつもより寝すぎる

普段仕事で忙しい人はプライベートの時間もあまりないため、寝ているときが1番幸せという人もいるかもしれません。

とはいえ平日は毎朝早起きなので、十分に寝られる訳ではありません。そこで休日にお昼頃まで寝る人もいると思いますが、これもやってはいけないストレス解消法です。

寝すぎると体が重くなり、せっかくの休日なのにだるさを感じてしまいます。

また、休日はせっかく仕事がない日ですから、自分が平日はできないことを満喫した方がストレス解消には良いはずです。

医師から教わった仕事のストレスを解消する方法

ではストレスを解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

実際に医師から聞いた理想的な方法をご紹介しましょう。

仕事で溜まるストレスの原因を書き出す


ストレスを根本から解消したいときはストレスの原因を潰さなくてはいけません。

そこでまずはストレスの原因を突き止めることから始めましょう。自分は一体何にイライラしたり、不満に思ったりしているかを思い出し、リストアップしてみましょう。

また、仕事中にストレスを感じた時にその理由をその場で書き留めるのも良いかもしれません。一通り書き出せたらその原因はどうやったら解決できるか考えてみましょう。

自分の気持ちや不満をノートに書く

とにかくストレスから解放されたいという人は、自分が感じていることをノートに書くこともおすすめです。

とてもシンプルな方法ですが、実は文字に書き起こしていくことで気持ちが軽くなると言われており、うつ病の治療などにも使われる事もあるそうです。

ストレスは心の中に抱え込んだままだといつまでも辛いので、ストレスを解消したいと思ったらノートに書き出しましょう。

仕事の量を減らす

仕事の時間が長くてストレスが溜まっているという人は、仕事の量を減らせばストレスから解消されます。

しかし、仕事の量を減らすなんて簡単にできないので、仕事量を減らすには工夫が必要です。

仕事をいつも抱え込みすぎているという人は同僚に手伝ってもらうように頼んだりすることも出来ますし、業務効率化の勉強をして仕事時間を短くするという手もあります。

また、上司に仕事の量を減らせないかと素直に相談しても良いでしょう。案外快く対応してもらえるかもしれません。

カフェイン摂取を控える


実はコーヒーなどに含まれているカフェインは摂取する量が多いとセロトニンと呼ばれる神経伝達物質の濃度が低下すると呼ばれており、セロトニンの低下により不安感やストレスを感じやすくなると言われています。

コーヒーを飲むとリフレッシュになるから疲れたらコーヒーを飲むという人も多い中でこの事実は意外と思う方も多いのではないでしょうか。

コーヒーそのものが悪いわけでなく、カフェインの過剰摂取が不安を引き起こす原因となってしまうこともあるため、ストレスを感じたらコーヒーなどのカフェインが入っている飲料等の摂取を控えれば不安やストレスも感じにくくなると思います。

軽い運動や散歩をする

ストレスを解消する定番といえば体を動かすことです。先ほどご紹介したセロトニンなどの脳内物質が運動によって活性化するという説が有力だそうです。

立ち上がって少し動き回るだけで頭がスッキリしますし、気持ちも前向きになります。

お金もかからず、健康的でまさにメリットだらけのストレス解消法です。特に事務仕事の方は1日中座りっぱなしで体も疲れると思いますから、仕事以外の時間は体を動かすように意識しましょう。

太陽の光を浴びる

太陽の光は人間が生きていく上で不可欠なものです。ずっと家の中で過ごして光を浴びない日が続くと気が滅入ってしまいます。気が滅入っているときにストレスを感じたら余計に気分が落ち込んで辛くなるでしょう。

実際に、太陽の光を浴びるとセロトニン等の脳内物質が合成されやすくなるようでストレス解消に効果的だそうです。

そこで1日の中で太陽の光を浴びる時間を意識的に作りましょう。仕事場の関係でどうしても難しいときは休日に出来るだけ外で過ごすようにしてもOKです。外で過ごしていたら自然と前向きになり、精神的に健康になれるはずです。

睡眠時間を多めにとる


睡眠もまた生活の中で大事なものです。睡眠不足が続けば体調が悪くなりますし、精神的に余裕がなくなり苛立ちやすくなったり気分が晴れなくなってしまいます。

日本人はおおよそ平均して7時間程度の睡眠をとっているようですが、適正な睡眠時間は個人差があるようです。自分にとって適正だと思う睡眠時間をしっかり決めて睡眠時間の確保に努めることをおすすめします。

仕事から早く帰るようにしたり、帰ってからスマホをいじる時間をなくしたり、ご飯は作り置きして作る時間を節約したりと工夫して時間を作ってみましょう。

真面目な考え方を捨てる

ストレスを感じやすい人の特徴として「真面目」があげられます。

「仕事はこうしなきゃいけない」「ミスはしたらいけない」

と真面目に仕事をこなそうとする故にそれを邪魔するような出来事が生じる度にストレスを感じてしまいます。実際にうつ病等に陥るまでストレスをためてしまう人の特徴としては真面目で頑張り屋の方が多いという話を聞きました。

仕事のミスは誰でもするものですし、力を入れて作ったものでもやり直しになることはよくあることです。

完璧主義をやめて誰だってミスすることはあると気持ちに余裕を持てば仕事をストレスフリーにすることが出来ます。

本当に仕事のストレスがやばいと感じている場合の解決策


先ほど色々な解決策を記載しましたが、それでももう心が耐えられない状態であり、仕事のストレスでやばいと思っている方におすすめの解決策をご紹介します。

ストレスがやばいと感じるなら休職を申し出る

本当にストレスでやばい状況だと、会社への出勤もつらい状態になっていると思います。それはすでに精神科や心療内科に行けば診断書を出してもらえるレベルにありますので、率直に病院に相談をして、休職をしたほうが良いか相談したうえで会社に休職を申し出ましょう。

ストレスがやばいと感じるなら一旦仕事をやめる

ストレスがあまりにやばい状態を放置していれば心が壊れて病気になって、体にまで不調が出てくることがあり得ます。

そうなるまでストレスが溜めてしまうと今後に大きな支障が出る可能性もありますので、一旦仕事を辞めるという選択肢も十分あるのでぜひ前向きに検討してください。仕事を辞めると目先のストレスからは一旦解放されるので悪化は防げるようになります。

もちろん仕事を辞めた後の不安などもあると思いますが、仕事を辞めたら時間ができるので、「自分は次はどんな仕事をしたいか」「楽しくできるのはどんな仕事か」とじっくり自分の本音に問いかけて、これからの人生をゆっくりと考える時間を作るのが良いと思います。

まとめ


世界の中でも日本人は特に仕事でストレスを感じているとされています。

特に上司との関係、労働時間の長さなど色々な原因によってストレスを感じます。ストレスを抱えたままでいると心の病気になり、元に戻るのが難しく、長い間苦しんでしまいます。

そうなる前にストレスを解消し、体も心も元気で働けるようにしましょう。

______________________________________________

こんにちは!しゅうです。

で、あんただれ? という声が聞こえてきましたので,
少しだけ自己紹介させてください。

僕は北海道生まれの北海道育ちの二児の父であり、ごく普通のサラリーマンです。
不動産投資とネットビジネスで本業以外の収入が月収50万円を超しています。
年収で言うと1,000万円を超えました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、

色々な副業を経験し、詐欺にもあいながら、
なんとかここまでこられました。


しゅうの公式LINEに登録