まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

WEBライター(ライティング)

WEBライター(ライティング)とは

WEBライター(ライティング)は、クライアントの要望に応えて、ブログ等のサイト運営者に代わって記事を書く人のことを指します。記事となる分野は多岐に渡っていて、政治経済、スポーツ、ニュース、芸能ニュース、趣味関連、料理、更には、サイエンス関連など、数えきれないほどたくさんあります。

ただ、ここで、WEBライターは、これまでのライターとどう違うか、ということをまず、先に述べておきます。WEBライターにとって一番大事なことは、いかに自分の記事がWEB上で読者に読まれるようにするか、という事です。

これは、文章のうまい下手以前の問題で、それは、つまり、WEB上で自分の記事が読まれやすくする術を知っているか、ということです。

皆さんも、聞いたことがあると思いますが、SEO対策です。SEOとは、Search Engine Optimization の略です。SEO対策とは、つまり検索されるキーワードをいかに効率よく、自分の文章に載せ、サーチエンジンなどで検索順位を上位に持ってくるかという方法です。

こういったように、WEBライターは、ライターをしての執筆能力はもちろん、WEB上の知識も必要とされる仕事ということになります。

なお、実際に副業として月に約7万円をWEBライターとして稼いだ方法を下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

【体験談】副業でWEBライターとして月6万8千円稼いだ具体的方法

データ入力の特徴

WEBライター(ライティング)には大きく分けて3つの特徴があります。

自分の得意な、好きなジャンルを選べる

WEBライターの利点としてあげられるのは、まず、それが副業であるということで、自分の余った時間で、自分の好きなジャンルの記事を書けるというのが利点であります。例えば、あなたが、英語が得意であれば、英語に関した記事を書けると思います。

英語の分野でも、色々あって、英会話スクールのことや、留学のことなどが様々です。もし、あなたが、留学経験があれば、自分の経験を生かして記事を書けます。

また、あなたが、英検やTOEIC等でいいスコアを出しているのなら、その自分なりのスコアの上げ方等を紹介した記事を書けます。

また、スポーツ好きの人は、そのスポーツに対する自分の経験や熱い思いを記事にもできますし、また、クリニック的な、テニスやゴルフなどであれば、技術向上の記事を書くこともできます。

更には、自分の本職に繋がることもジャンルとして選べることができます。例えば、あなたがサイエンティストであれば、サイエンス関連の記事も書けます。生物関連の仕事をしていれば、ガンに関する記事や、遺伝に関する記事など多岐に渡って書けます。

独特のスキルが必要である

WEBライターに求められるスキルとは、何かということですが、もちろん、基本的なライティングスキルもありますが、文章校正能力や自分を表現する文章力が必要となります。

更に、WEBライターに必要不可欠なスキルが、SEO対策などのWEB上の知識です。特に、WEBライターは、如何にして自分の書いた記事がWEB上でより多くの読者の目に留まるかが重要となります。

どうしてこのSEO対策が必要かというと、もし、あなたが何か興味あることを調べようとします。例えば、ディズニーランドに行く予定を立てているが、具体的にどうやったら、安く、しかも少ない日程で楽しめるのか調べようとしますよね。その際、検索ワードとして、ディズニーランド、一日で楽しむ方法、などの検索ワードを検索エンジンにかけます。

そうすると、かなり多くのサイトがヒットするわけですが、それを、30-40も全部見る人はなかなかいません。最初の10サイトぐらいをパット見るはずです。その時に、あなたの書いた記事の載ってあるブログ等が、上位10位内に入っていれば、それでより多くの人の目に入るわけです。

つまりは、本屋さんの一番入り口前の人の目に留まる場所に置いてあるのと同じ状態なのです。WEB上は、WEBライターであるあなたが、知識を使って、それを操作することも可能なのです。

いかに、タイトルやディスクリプションに検索にかかりそうなワード盛り込むかも重要になります。

また、コンテンツの充実は言うまでもありません。コンテンツが良いものでなければ、読者もリピーターになってくれません。最後に、スマホからの読者も頭に入れることです。

自分のニーズに合わせる

副業としてのWEBライターとして、ここでは話をしていますが、当然、自分の本業あってこその副業です。本業が疎かにならない程度でやるのが、成功のカギだと思います。

先ほども触れましたが、自分の得意分野の記事を書く人は、ほぼその分野に至っては、十分な専門知識があるため、あまりリサーチなどせずに、さくさく記事を書くことができます。そう言った場合は、単価が低くても、数をこなすことで報酬にも繋がります。

また、自分の得意な専門分野であるぶん、自分の経験を踏まえたオリジナリティーのある文章が書けるはずです。あとは、それをどう面白くし、読者を惹きつける文章にするかは、あなたの腕次第です。

WEBライターに限ったことではありませんが、ライターとしてのモラルは守りましょう。つまり、他人の言葉をそのまま使用したりするような行為です。WEB上では、そういったコピー防止機能または、探索機能があるので、すぐにそういった行為は発見されます。

逆に、時間に余裕のある人で、チャレンジ旺盛な人は、自分のあまり知らない分野にもどんどん挑戦してみるのも良いと思います。

例えば、本格的なサイエンス分野や、FXなどに特化した記事を書くなど、そういった誰でも書けるものではない記事もこなせるライターになれば、それだけライターとしての需要も増やせます。

そういった場合は、確かにリサーチするだけでも時間がかかりますが、それだけ単価も上がり、コンペの場合、競争率もさがり、ライターとして仕事を依頼される機会も増えます。

副業としてWEBライター(ライティング)をするのにオススメの対象者

副業としてのWEBライター(ライティング)をするのはこんな方々にオススメです。

本業を持ちながら、少し時間に余裕のある方。
主婦や定年退職した人で、自分に得意な専門分野の知識がある方。
調べ物や書くことが好きな方。

副業としてWEBライター(ライティング)を行うメリット

自分のこれまでの経験や知識を文章にできて、報酬に繋がる。
自分の専門性の知識が広がる
自分の開いている時間でスマホからでも記事作成可能
時間単価が高額になりやすい
家にいながら作業が出来る

副業としてWEBライター(ライティング)を行うデメリット

軌道が乗るまで思うように仕事の依頼が取れない
専門ではない分野の記事作成は、時間を割くわりに報酬と見合わない
あまり多くの記事作成を一度に受けると、自分の本業にも影響が出る

まとめ

WEBライターは、これからどんどん需要が増えていくと思います。

副業としてのWEBライターであれば、自分の都合のつく時間内で、楽しくかつ有効的に自分の時間が使えます。

副業としてのWEBライターを目指す人は、自分の得意分野の記事を無理なく書くことが、成功の秘訣です。

自分の本業にも影響せず、かつ報酬も得られます。文章は書けば書くほど、自分のライティングスキルも上がってきます。長く続けることも成功のカギだと言えます、

最後に、書くばかりではなく、いろいろとWEB上で他の人の書いた文章も読んでみましょう。

そうすることで、自分のライティングスキルの向上にも繋がり、また、WEBの活性化にも繋がります。