まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

Uber Eats配達員

Uber Eats配達員とは

Uber Eatsとは地元にあるUber Eatsと契約を結んでいるレストランの料理をアプリから注文し自宅へ取り寄せることが出来るサービスです。

現在は大阪、東京、名古屋、福岡など大都市でのみ対応しています。その料理の配送をするのがUber Eats配達員です。

大まかな仕事の流れとしてはまずUber Eatsのサービスエリアに入ったら配達員専用のアプリを開きます。その後注文が入れば仕事の依頼が入るので行ける場合は受注します。

調理が完了する頃にお店に行き、料理を受け取り、その後お客様のもとへ商品を届けにいけば配達完了です。

ちなみに注文をした客はアプリから配達員の名前、顔写真、現在地を確認することができます。

▼ウーバーイーツのおすすめ体験談記事

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いでいる体験談

Uber Eats配達員の特徴

Uber Eats配達員の主な3つの特徴をまとめました。

好きな時だけ働ける

Uber Eats配達員のメリットはなんといっても好きな時にだけ稼働できることです。

いわゆるバイトのようなシフト制ではなく、自分が時間が空いた時にだけ働けます。事前に働く時間を申請する必要もなく、サービスエリアに行って専用のアプリをオンにするだけで業務を開始することができます。

副業として働く場合、もちろん本業が忙しい時に働く必要はありません。

休みの日や本業が暇な時期にだけ働けば良いですし、少し収入を増やしたいと思った時にも良いでしょう。さらに仕事が疲れて少し外に出て気分転換したいという時にもぴったりです。

Uber Eats配達員は柔軟性がある仕事で、副業として働くにはぴったりです。

しかしその反面安定した収入は得られないという欠点もあります。働いた分だけ報酬が支払われる出来高制なので、気分が向いたときにだけ行っていたらあまり収入を得ることは出来ません。副業といってもいわゆるバイトのような形態のため、FXや不動産投資のような自分は何もしていなくても収入が入るというタイプの副業とは違うことは覚えておかなければなりません。

登録が簡単

Uber Eatsの配達員は条件さえ満たせば誰でもなることが出来ます。

さらにその手続きもとても楽なので始めようと思ってから短期間で始めることができます。

Uber Eatsの配達員は18歳以上で日本で働く資格のある人であれば登録できます。さらに自転車で配達する場合は身分証明書とプロフィール写真、原付バイクならその2点に加えて運転免許証、自賠責保険証書、ナンバープレートの写真、軽貨物または125cc超のバイクの場合はその5点に加えて自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証と任意保険または共済保険の証明書を提出する必要があります。

WEBで登録を済ませたあとは各都市のパートナーセンターで手続きをすれば配達員として稼働することができます。

履歴書を書いたり面接に備えたりしなくていいですし、複雑な事前の準備もないのでかなり始めやすい副業と言えるでしょう。

初期投資がほとんど必要ない

ビジネスといえばお金がかかるのが一般的で、副業でもたとえば不動産投資をする場合はある程度まとまったお金が必要です。

しかし、Uber Eats配達員にはそういった初期投資はほとんど必要ありません。

Uber Eats配達員に登録した際にはUber Eats専用の配達バッグが会社から支給されます。

これに料理を入れて運ぶのがルールですから、この専用バッグとスマホと車両さえあれば働くことができます。

しかし、中にはあった方が便利というものもあるのでそういったものは自分で準備しなければなりません。

例えばUber Eats配達員の命綱であるモバイルバッテリーや自転車につけるスマホホルダーなどは昔は支給されていましたが今はもう支給されていないようなので自分で用意する必要があります。

それでも他の副業と比べれば初期投資は安く済みますし、準備の手間もかかりません。

副業としてUber Eats配達員をするのにオススメの対象者

副業としてのUber Eats配達員はこんな方々にオススメです。

本業の合間に気分転換しつつ稼ぎたい方
週単位の収入が欲しい方
サービスが対応している地域にお住まいの方
気軽に副業を始めたい方

副業としてUber Eats配達員を行うメリット

好きな時間に働ける
本業が主に室内での仕事なら良い気分転換や運動になる
週単位で収入が振込まれる
初期投資がほとんど必要ない

副業としてUber Eats配達員を行うデメリット

対応している地域が限られている
収入は注文の量に左右される
高級タワーマンションからの注文の場合は建物に入る手続きが大変
自分が動かなければ収入を得られない

まとめ

Uber Eatsの配達員はUber Eatsというアプリを通して料理を注文した人の家にレストランから料理を届けにいきます。

配達員になるための登録はとても簡単で初期投資もほとんどいらないので簡単に始めることが出来ます。何より嬉しいのは空いている時間だけ働けることです。

本業が少し落ち着いているときや収入をもう少し増やしたいと考えている時にぴったりの副業です。

Uber Eatsはこれからどんどん話題になり対応エリアも増えて行くと思いますので、エリア内にお住みの方はぜひ副業として気軽に初めてみてはいかがでしょうか?