まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

ウェブサイト売買(サイトM&A)

ウェブサイト売買(サイトM&A)とは

ウェブサイト売買とは、個人や企業が運営しているウェブサイトやコンテンツを売買することをいいます。

サイトM&Aとも呼ばれ、M&Aの一種となります。2005年ころから始まった新しい仕組みです。

現在はウェブサイトを個人でいくつか運営している方も多いので、副業としてサイトを売買する方も増えています。

今回は、そんな副業にも適しているウェブサイト売買の特徴やメリットなどを解説していきます。

ウェブサイト売買(サイトM&A)の特徴

ウェブサイト売買の主な特徴は以下の2つです。

個人同士でも、専門サイトに登録してもサイト売買は可能

ウェブサイト売買をしたい場合、買い手を探す必要があります。

個人間で探すこともできますが、トラブルなどが発生した時に対応するのが難しくなるため、専門のサイトに登録するか、仲介業者に仲介してもらう方がリスクなく売買できるのでおすすめです。

個人でするとどちらかに不利な交渉となりやすいのと、契約書類を作成するのも大変な作業が必要とな

ります。サイトを売買したいなら専門サイトに登録するようにしましょう。

収益があるサイトが売れやすい

ウェブサイトの売買では、訪問者が多く、収益もあるアクティブなサイトが売れやすいです。

なので、もしサイト売買を検討している時は、収益が発生し続けているサイトを提案することでより高額に売ることができるでしょう。

副業としてウェブサイトの売買(サイトM&A)をするのにオススメの対象者

副業としてのウェブサイトの売買をするのはこんな方々にオススメです。
サイトを運営していて、今以上売り上げを伸ばすのが難しいと感じている方
不要なサイトを売って、新しいビジネスを始めたいと考えている方
副業でサイトをいくつか持っている方
持っているサイトのアクセスが多く、収益を得ている方

副業としてウェブサイトの売買(サイトM&A)を行うメリット

まとまった収入が得られる
思った以上に高額で売れる場合もある
複数サイトを運営している場合、売上を伸ばしたいサイトに集中できる
売却を通じて人脈が広がり、新しいビジネスのきっかけ作りになる
売却目的のサイト作りのノウハウが身に付く

副業としてウェブサイトの売買(サイトM&A)を行うデメリット

収益となっていたコンテンツが減る
アフィリエイトをしている場合、ASP会社との契約内容が引き継げなくなる
就業禁止義務により、売却したサイトと同じものは作れなくなる恐れがある
売れるサイトができるまで時間と労力が必要となる

まとめ

ウェブサイト売買はサイトを持っている人なら誰でも稼げるチャンスがあるのが魅力です。

ある程度のアクセスや収益を得ていることが必要となりますが、一方でまとまったお金が一気に入ってくるというメリットもあります。

サイトをいくつか運営されている方は、不要なサイトがないか見直して、もし必要がないなら売ることを検討してみてはいかがでしょうか?

「売れるサイト」を考えることで、ウェブサイト売買を専門に行うスキルも身に付くのでおすすめですよ。