まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

リファラル営業

リファラル営業とは

リファラル営業とは最近、注目されている営業方法の1つです。リファラル(referral)とは、元々は紹介や推薦と言う意味があるのですが、リファラル営業とは紹介者を介しての営業のことを言います。

最近ではリファラル営業を推進する動きが出てきており、ツールや商品を紹介することで紹介料を受け取ることができるようになってきており、新たな営業手法、また新たな副業の手法としてどんどん普及していくことが予測されています。

リファラル営業の特徴

営業のイメージと言うと、飛び込みやテレアポ営業といったものが、頭に浮かぶかもしれません。

しかし、その場合は、まず話を聞いてもらうまでのハードルが高いですし、例え話を聞いてもらえる機会が出来たとしても、全く見ず知らずの相手の話に対してはどうしても警戒心が生まれてしまいます。

結果として成約にまでいたる確率は非常に低いものとなり、時間や手間の割には効率のいいものとはいえませんでした。

そこで、見直されているのが、このリファラル営業です。

知っている誰かの紹介ということで、紹介された側にとっても安心ですし、紹介を望む側にとっても効率的な営業活動が可能となるのです。

副業としてリファラル営業をするのにオススメの対象者

リファラル営業をするのに向いている方は以下の通りです。

知人・友人が多い方
コンサルティングの事業を行っている方
「あの人の紹介なら話を聞いてみようかな?」と思ってもらえるような人間関係を持っておられる方はリファレル営業にピッタリです。

副業としてリファラル営業を行うメリット

簡単に始められる
高単価の報酬案件がある
人脈がある方は活かせる

副業としてリファラル営業を行うデメリット

紹介者としての責任がある
紹介する商品の知識を常に更新していく必要がある

まとめ

リファラル営業について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

紹介を頼っての営業自体は、昔から行われていたものでした。

しかし、最近ではネット上でのサービスの開始等もあり、リファラル営業の環境が整備されてきた感じがあります。

人間関係をお金に換えるのというよりは、紹介される側もそれを求める側も両方が節約できる時間や得られる安心感に対して報酬をいただくということになります。