まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

モーニングコール代行

モーニングコール代行とは

モーニングコール代行とは簡単に言えば朝、電話で依頼者を起こす仕事です。

大きく分けて、ホテルなどの宿泊客に対して、ホテルの依頼でモーニングコールを代行するものと、モーニングコール会社の依頼で家庭や宿泊先の依頼者を起こす仕事になります。

利用者の大半は独身男性で、目覚まし時計やスマホのアラームでは起きられないひとにとってはかなり便利なサービスとして浸透しています。

また、集合住宅などで、大きな音で目覚ましがかけられないひとにも好評。

人間の声と会話するという行為は、無機質な音よりも強い覚醒効果がありますので、スムーズな目覚めには大きな効果があります。

また、起こす際に、一声「いってらっしゃい」や「一日頑張ってください」などと

声掛けをするようになっている場合が多く、こういった面も好評のようです。

モーニングコール代行の特徴

モーニングコール代行の主な特徴は以下の3つです。

簡単で単価は安い

特徴としてはやはりこれですね。

それは『特別なスキルはまったく必要ではない」という点。

つまり、簡単に言えば誰にでもできる仕事になりますので、もちろんその分、単価は少ないのが特徴で、大抵の場合は歩合制となっています。

相場では、1回50円から150円といったところです。

また、必要機材に関しても、支給された携帯電話かもしくは自前の電話ということになりますので、初期投資などもかからず、その点でも始めやすい副業です。

求人が少ない

もともと隙間産業的なものですので需要そのものが多くありません。

また、誰でも簡単にできる副業という点から、一度始めた人がやめることがほとんどなく、業界内でのスタッフの入れ替わりが少ないのも、求人の少なさに拍車をかけています。

また、この職業自体の知名度が低いというのも一つの要因。

とにかくニッチな仕事であることは間違いありませんので、始めたいと思ったときにすぐ始められないこともあるかもしれません。

どうしてもやってみたいというひとは、マメに求人誌をチェックするか、ネットなどで探してみると良いでしょう。

午前中の短時間バイト

モーニングコールですから、これはとうぜんですね。

最も多い時間帯は朝5時から10時までで、その勤務時間は1日1時間と短時間のバイトであることがその特徴です。

一般的に、モーニングコール代行で担当する件数は、1日あたり10件近くになるのが普通ですが、それでも長時間かかるということはありません。

短時間でサクッと働きたいひとには間違いなくおすすめです。

副業としてモーニングコール代行をするのにオススメの対象者

副業としてのモーニングコール代行をするのはこんな方々にオススメです。

大きな儲けが必要ではないひと

基本的に、モーニングコール代行で大きくもうけることは出来ません。

ちょっとした家計の足しや、お小遣い程度のお金が欲しい人にとってのスキマ時間の有効活用として考えておけばいいでしょう。

家族の扶養対象のひと

家族の扶養対象となっているひとにも、モーニングコール代行はおすすめ。

収入が大きくなることはないので、扶養を外れる心配はほぼありません。

会社員など本業をお持ちの方

モーニングコール代行の仕事は朝。

もともと出勤のために自分も朝起きるわけですから、そのついでに働くことが出来ます。

また、モーニングコール代行に出勤の必要はありませんので、家からでも、また通勤途中や会社についてからでも、仕事をこなすことが出来ます。

副業禁止規定のある会社にお勤めの方

単価が安いモーニングコール代行

副業禁止規定のある場合、それが発覚するのは、収入が月20万円を超え確定申告をしなければいけなくなったときです。

しかし、この仕事をいくら真面目にこなしても月20万を超えてくるということは殆どありません。

ですので、住民税を特別徴収ではなく普通徴収にしておけば、ほぼバレることはないでしょう。

朝起きているひとであれば誰でも

特に向いているひともありますが、基本的には誰にでもできる仕事。

夜勤で朝はねているというひとや、個人でフリーランスをやっていて早朝から昼間ではねているというようなひとでなければ、基本的には誰にできる仕事です。

副業としてモーニングコール代行を行うメリット

少ない時間で働くことができる
スキルをまったく必要としない
初期投資がかからない
確定申告が必要なほど収入がないため副業禁止でも発覚しにくい

副業としてモーニングコール代行を行うデメリット

求人が少ない
収入として大きく儲けることはできない
知らないひとと話さなくてはいけない

まとめ

いかがでしたでしょうか。モーニングコール代行はメディアでも取り上げられるなど、少しずつ知名度もアップしていき、さらに需要が増えて行く可能性があります。

仕事自体も短いので、ぜひお時間がない方なども検討してみてはいかがでしょうか。