まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

投資信託

投資信託とは

投資信託とは、自分の投資を専門家に信じて託すことを指します。

当誌を託す相手となる専門家とは、よく“ファンド”と表現されることもある金融のスペシャリストのことです。自分で投資をするならば、どのような金融商品を選ぶのか、いつ買うのか、どれだけの金額を回すのか、などを自分で判断しなくてはなりませんが、投資信託ではそれらすべての判断を専門家に委ねられますので、より精度の高い運用が期待できるようになります。

投資信託のイメージは、銀行預金と似ているともいえます。

銀行預金の場合には、預金残高に対して業績も加味しつつ一定の利息がつきますが、投資信託の場合には専門家が運用して得た利益が利息のようなものとして分配される仕組みです。

難しいように思えて、実はとても簡単かつ身近なものが投資信託なのです。

投資信託の特徴

投資信託は結果として分散投資につながり、安定した収益を得られることが期待できます。

その理由は、投資を託する専門家が世界中の投資対象に向けてお金を運用するためです。

この運用するお金は、いろいろな人から集めたものであるため、かなりの巨額となりますので、個人ではなかなか手出しできない投資対象もカバーできるようになります。

つまり、少額の運用であっても分散投資ができることとなり、より安心な投資ができるのが投資信託の特徴といえるでしょう。

副業として投資信託をするのにオススメの対象者

投資信託は投資のプロが、国内株、海外株、国内債券、海外債券、新興国株、新興国債券、貴金属、不動産など、世界中のあらゆる金融商品を精査しながら投資を代行していますので、投資初心者本業のある忙しい人には特におススメといえます。

自分で何かに投資を行えば、情報収集や分析にも時間を要しますし、モニターに張り付かなくてはならない場面もあれば、レートが気になって仕事が手につかなくなることもあります。

こういった事態を避けて、より精度の高い投資ができるのですから、投資信託はこれらの人におススメといえます。また、プロによる運用なので安心という点を考えれば、銀行の普通預金や定期預金より利回りをよくしたい人にもピッタリです。

投資信託で得られる利息の期待値はマイナス金利政策真っ只中の銀行利息よりずっと期待できます。

加えて、運用に回すことのできる資金が少ない人にも投資信託は魅力的に映るでしょう。

少額で世界中のあらゆる金融商品に分散投資してリスクを低減できますし、個人投資では手の届かない金融商品にも手が届くようになります。

副業として投資信託を行うのメリット

投資信託のメリットは、“少額でもプロによる分散投資が可能となる”という一言に凝縮されるでしょう。

通常、少額でしっかりと収益の期待できる投資をするとなれば、かなりリスクの高い投資を行わなければなりません。

しかし、投資信託であればリスクを低減できる分散投資が可能となりますし、それもプロが運用してくれるのですから、自分が投資するよりもずっと収益が期待できます。

これらはいずれも個人での投資では決してできないことばかりです。

自分が決めた金額で投資のプロを雇い、抱えるリスクも最小限となるのですから、副業として考えた場合にも、投資信託はかなり優位性があるといえるでしょう。

加えて、本業が忙しく、副業のために時間が割けない人や、お勤め先の規定で副業が禁止されている人でも取り組めるのがメリットでるといえます。

副業として投資信託を行うデメリット

副業として考えた場合、投資信託のデメリットとしてまず挙げられるのは元本割れのリスクです。

投資を任せた専門家が運用損失を出してしまえば、それは私たちの持つ残高に反映されてしまいます。

地に足さえつけていれば損することのない副業も多くあるのですから、マイナスになるかもしれないというリスクは副業として投資信託を考える場合にデメリットでしかありません。

そして、やりがいが感じられないのもデメリットのひとつです。

副業は、自分でビジネスを所有することでより刺激的な日々を送ることができたりもしますが、投資信託を副業として選んだ場合には、その運用結果として表示されている数字だけを淡々と追っていくのみとなります。

オススメサービスのご紹介

準備中です。

体験談リンク

体験談は現在準備中です。

体験談がある方は皆様から募集しております。
以下リンクからぜひ、皆様の体験談を募集しております。

まとめ

これまでご紹介してきたように、投資信託は少額で投資のプロにリスクの少ない分散投資をお願いできるという性質上、かなり安全性の高いものと言えますが、副業の持つやりがいを感じられない点や、もしものときにはマイナスが出るという可能性を考えつつ、これらのリスクを許容できるかどうかも含めて判断しなければなりません。

投資信託に向いている人や、投資信託のメリット・デメリットを総合的に考えた場合に、副業としてリスク少なく稼ぎたいと結論付けられるときには、少額から始められる投資信託を始めてみてはいかがでしょうか。