まずは元手0でネットで稼ぐ感覚をつかむ

イラストレーター

イラストレーターとは

イラストレーターとは、イラストを描く人のことです。

イラストを描くと言っても、一般的に言う画家のように単に絵を描くといったことではなく、クライアントからの依頼内容を具体的なイラストにし見に人の視覚に訴えていく作業をする人達のことを言います。出来があったイラストは、各種メディアを始め様々なところで用いられます。

イラストレーターの特徴

イラストレーターの特徴として、3つ挙げておきたいと思います。

クリエイティブな仕事

イラストレーターは、画家と違ってクライアントの意向を表現していくものですが、そこに、自分の個性や表現力を発揮することができ、それが評価される世界でもあります。

形としての残る仕事

イラストレーターの仕事は、もちろんイラストを描くことですから、描いたイラストは、形として残り、多くの人の目に触れることになります。

街角や誌面、ネット上などで自分の書いたものを見ることになります。

コミュニケーション能力が試される仕事

イラストレーターに欠かすことができないのは、コミュニケーション能力です。

依頼者の狙いや目的を的確に表現することが求められますから、その部分を見抜く、引き出す力が求められます。

副業としてイラストレーターをするのにオススメの対象者

副業としてイラストレーターをするのにオススメの方は次のような方です。

サラリーマンやOLさんで、帰宅後や休日に好きなことを仕事にしたい方。
主婦の方や自営業をされている方等、時間に余裕のある方
以前にイラストを描いていた、あるいは勉強していた経験のある方。

副業としてイラストレーターを行うメリット

得意や好きを仕事にできる。
空き時間に副業感覚でもできる。
実績を積んでいけば高収入も可能となってくる。

副業としてイラストレーターを行うデメリット

依頼内容には、必ず納期がある。
依頼主に意向に沿うような作品が求められる。
実績ができるまでは、依頼が不安定で、単価も決して高くはない。

イラストレーターまとめ

いかがでしたか?

イラストレーターという職業について見てきました。

イラストレーターと言っても、今はPCなどを使ってイラストを描くことが多いようですから、そのあたりの環境さえ整っていれば、仕事を始めやすくなっているようです。

好きや得意なことをして、少しずつでも収入を得られることは、単に収入が得られる以上の充実感がプラスされるでしょう。